両親に彼が挨拶

プロポーズから1ヶ月たっても、両親はまだ私達の話を聞いてくれようとはしませんでした。
たくさん泣いて、不安になって、両親ともなんどもぶつかりました。
きっと彼も不安だったに違いないのに、不安で弱くなった私をいつも支えてくれました。

そして、誕生日には婚約指輪をサプライズでもらいました。
とってもうれしいびっくりプレゼントでした。

元祖婚約指輪って感じの立てツメのぴっかぴかのダイヤが輝いてる指輪。

うれしくて最高に幸せな誕生日でした。
興奮して日記書いたの覚えてます。

両親とは、本当に何度もぶつかって何度も泣いて、日記で、たくさん弱音を吐いたけど、ももカフェでたくさんの勇気と元気をもらいました。

そして、両親のココロの雪を少しずつ溶かすことが出来て、7月11日やっと私達の話を聞いてくれることになりました。

仕事を早く切り上げて、緊張した面持ちでやって来た彼。
何度か家にはきたことがありましたが、あのときが一番緊張したそうです。
私達二人の想いを一生懸命伝えてくれました。

両親は黙って話を聞いてくれ、なぜ不安に思うのか、彼の年齢、仕事、私の性格などゆっくり、静かに話してくれました。
そして、それをきちんと覚悟できるのなら、もう何も言わないといってくれました。


少しずつ、結婚が具体的に進みだした日でした。

みかんの結婚体験談2月5日



リンク

結婚奮闘記

XML

Powered by teeter totter Ver.2.16-C