恋人のはじまり

 彼とお付き合いが始まった日です。

 一緒に食事に行って、なんだかもやもやしていたのは私だけではなかったようで。次の日彼からメールが来ました。

 「とても楽しかったよ。一緒にいるととても楽しいけど、34歳の男性はどう写ってるのかな?」

 うーんって考えちゃいました。
 どう・・・・って。やっぱりよくわかりませんでした。
 それに、それはこっちが聞きたいことでした。
 だから、質問返ししちゃいました。

 「34歳の男性には25歳の女性はどう写ってますか?」

 すると、「とても魅力的ですよ」って、メールが帰ってきて。

 うれしかったけど、なんだか素直に喜べなくて。
 「赤面するのでやめてくださーい。おやすみなさい」
 って、一方的にメールを終了しちゃいました。

 それから何日かたって、彼に食事に誘われました。
 「赤面する顔が見たいから」って。

 なんとなく展開が読めたので、実は行くかどうか悩みました。
 自分の気持ちがまだよくわかっていなかったから。

 でも、私は彼と食事に出かけました。
 私の仕事が終わるのを待ってくれていて、そのまま小さなレストランへ
 (今思うと、彼はお仕事をそうやって片付けてたのでしょう?)

 楽しく食事をして、それから少しドライブ。

 なんとなく会話が途切れたころ

 「付き合ってくれないかな?」

 と彼。

 「・・・・・・・・・・」

 沈黙してしまった私。

 「休みも会わないし、いろいろあるし、でも、二人でいたい。時間はどうにでもなるよ」

 彼はそういいました。

 「・・・・・・・・・・・・」
 「・・・・・・・・・・・・」

 考えさせてくださいって言おうかなーと思ったんだけど。
 プロポーズされてるわけじゃないしなーと思っていたら。
 私の口は勝手に動き出し
 「はい。あらためましてよろしくお願いします。」
 と、言っていました。

 もちろんほんとに勝手に口が動いたわけじゃないんですけど。

 彼のことが大好きー!!って感覚ではありませんでした。
 でも、惹かれてる。それは本当でした。

 そういえば彼もそのときは、「好きだよ」とか言ってくれなかったなぁ。

 その言葉はあとからおねだりして言ってもらうことになるのです^^

みかんの結婚体験談2月5日



リンク

結婚奮闘記

XML

Powered by teeter totter Ver.2.16-C