TBSドラマ「獣医ドリトル」視聴率と主題歌

●TBSドラマ「獣医ドリトル」

原作・獣医ドリトル(作・夏緑/画・ちくやまきよし)
脚本・橋本裕志
出演・小栗旬、井上真央、成宮寛貴、石坂浩二、國村隼

キャッチコピーは「ペットは、癒しか。ビジネスか。」

【獣医ドリトルの視聴率】
●第一話「救え!声なき命」16.0%
●第二話「命を預かる覚悟」13.3%
●第三話「モンスター飼い主 」14.2%
●第四話「救え愛に命をかけたノラ犬」14.5%
●第五話「鳩が結ぶ50年越しの夫婦愛」11.5%
●第六話「子供達に届け!猪親子の声 」13.2%
●第七話「助手失格!本当の愛情」12.1%
●第八話「最終章〜安楽死」13.2%


【第二話の感想】

再放送で見て面白かったから2話目も見てみました。
丁寧に作られた1話目と違い雑な感じがしました。
懐かなかった猫が急に懐くようになったり、
ウジウジ飼育員が急に改心したり、
きっかけはあったけどそんな単純なものなんだろうか。
かといって、ずっとウジウジされても困るけど。
勉強になったことは、「喪中症」。
飼い主を喪った悲しみをペットが乗り越えられない状態なんだって。
ペットロスは知ってたけど初めて知りました。

【第八話の感想】

成宮くんの花菱先生は憎めなくていいね。
カミングアウトできて気持ちは軽くなったんだろうな。
失ったものはたくさんたくさんあるけど、
卑屈になることなく、また一から頑張れるのは、
それだけ嘘を積み重ねることが苦しかった証だと思う。
勇気を出してよかったなぁと思うよ。
それにしてもドリトル先生、かっこよすぎる。
あすかちゃんは素直で優しくて良い子すぎる。
3人とも魅力的でいいなぁ。
猫は大腸に異常があるとうんこを吐くんだね。
知らなかった。面白いだけじゃなく勉強になります。

【ドラマ】2010年秋ドラマの感想


< おめざランキング1位「八天堂くりーむパン」

Top

category

link

XML