NHKドラマ「10年先も君に恋して」再放送

もし、目の前に見知らぬ男性が現れ、

僕は君の未来の夫だ!

君と僕は、今から来るバスの中で知り合い、1年後に結婚する。だが、10年後、二人は憎しみ合って離婚するので、二人の未来のために、次のバスには乗らないで欲しい。


と突然お願いされたらどうする?
これ、NHKドラマ「10年先も君に恋して」の第1話。
未来の夫は内野聖陽。
そして、お願いされるのは、上戸彩。

「バスに乗らないで欲しい」とお願いされた彼女は、
彼に不信感を抱きながらも、文句を言いながらも、
言われたとおりバスに乗らないんだけど、
やっぱり、ふたりは別の形で出会ってしまうの。

困った未来の夫は、必死で二人の邪魔をします。
だけど、彼女は、邪魔をされても、反対されても、
未来は憎しみ合って離婚すると知らされても、
出会ったばかりの現在の彼をどんどん好きになってしまうの。
かなり端折ってますが、ここまでが1話の話。

内野聖陽と上戸彩は、「現在」と「10年後」の自分を演じます。
同一人物だけど、一人二役です。
上戸彩ちゃんはメイクや髪型をを変えて上手く演じ分けていたけど、
それ以上に、内野くんは「現在」と「10年後」を見事に演じ分けていて、
本当に時空を超えてやってきたみたいで素晴らしかったです。

そして、ラストはお約束通り、未来の夫は未来に帰って行くの。
これがね、うんもう、「未来の夫」と「現在の彼女」の別れのシーンが、
うんもう、すんごく感動。彩ちゃんと一緒にポロポロ泣き。

面白くなかったら削除するつもりで第一話を観たのに
笑って泣いてキュンキュンして、一気に全話観てしまいました。
久しぶりに、爽やかな恋愛ドラマを見た!という感じ。

恋愛ストーリーとしても面白かったけど、
内野君が科学者で、宇宙の研究をしていたので、
宇宙エレベーターの話も面白かったです。
すごいよ、宇宙エレベーター。地上と宇宙を繋ぐ輸送機関。
夢みたいな話に聞こえるけど、理論的には十分実現可能で、
近年の技術発展があれば、手の届く域に到達しつつあるんだって。
長生きしてこの目で宇宙を見てみたいわ。

主役のふたりを支える脇役さん達も魅力的だったんだよね。
アクが強くて個性的な人も、みんな良い人、愛すべき人。
弟くんも、同僚ちゃんも、上司も、作家先生も、教授も、
誰一人として欠けて欲しくないほど適材適所でした。

クリスタルケイの挿入歌「Time of Love」もよかったよ。
いつも絶妙のタイミングで流れて、ハートを熱くしてくれるの。
おかげで「Time of Love」を聞くと、優しい気持ちになれそうな気がします。

タイムマシーンものって、「歴史を変えちゃいけない」という設定が多いけど、
このドラマは、未来の内野が未来に戻ると、
現代人は記憶を全て失うという設定だったので、
未来の内野が、10年後をバラしまくるのが笑えました。
もちろん、人を選んでバラしているんだけど、
「彼女は10年後も独身だよ」とか「君は10年後は太ってるよ」とか
「彼女はイギリスで文学賞をもらうよ」とか。ばらすばらす。
それを知ったときの反応がこれまた面白い。

結婚するとき、「幸せになろうね」と約束しても、壊れるときは壊れます。
でも、壊れるときには、ちゃんと原因はあるんだよね。
たぶん、そのほとんどは早く気づいていたら、
優しい気持ちがあれば、解決していたかもしれない原因。

出会った頃の気持ちがずっと続く事なんてないんだけど、
それでも結婚するときは、ふたりの愛は永遠だと信じたいじゃない。
10年先、あなたがどんな風に変わっていたとしても、
私はやっぱりあなたが好き!10年先も絶対に愛してるから

10年後もそういう気持ちでいられるためには何が必要なのか
それをちょっぴり教えてくれるラブストーリーでした。

11月20日土曜日午前11時30分から再放送があるみたいです。
恋愛ドラマが好きな人にオススメだよ。

【ドラマ】2010年秋ドラマの感想


< ドラマ「フリーター、家を買う。」高視聴率

Top

category

link

XML