今井美樹主演ドラマ「想い出にかわるまで 」

今井美樹主演ドラマ「想い出にかわるまで 」が再放送されています。
このドラマは1990年にTBSで放送されたドラマ。
内館牧子先生の脚本で、妹が姉の婚約者を奪うというドロドロ物語。

3話から再放送に気がつき見ています。
ファッションも髪型も古くさいんだけど画面も昔サイズ。
画面サイズが違うのをこれ幸いと「冬のサクラ」の宣伝が
画面の両端にずっとへばりつき、気が散りまする。

20年前は夢中で見ていたけど、今見るとありえない話だね。
妹が姉の婚約者を好きになる・・・これはありそう。
妹が姉の婚約者を寝取る・・・これはあるかもしれない。
妹が姉の婚約者と結婚する・・・ありえな〜い。

そんな人いるんだろうか。
希少性があるからドラマにして面白いんだけど、
どうして20年前は共感しながら見ていたのか不思議だわ。

放送後、今井美樹が笑っていいともに出演したとき、
まだ沢村るり子(主人公の名前)を引きずっていて、
役から抜けられないでいる、と苦しそうに語っていたけど、
最終回の歩道橋のシーンは、後味悪いです。

【ドラマ】2010年秋ドラマの感想


< 志田未来大熱演「ドラマ秘密」最終回の感想

Top

category

link

XML