やまとなでしこ「松嶋菜々子の桜子名言集」

やまとなでしこの最終回を観ました。
もうセリフを覚えちゃうくらい見ているのに何度見てもおもしろい。

僕は、もう逃げません。
桜子さん、あなたが好きです。
たとえ明日、あなたの気持ちが変わったとしても。


私には、見えるんです。
10年後も、20年後も、あなたのそばには私がいる。
残念ながら・・・あなたといると・・・私は幸せなんです。


「残念ながら・・・」というセリフがいかにも桜子さんらしくていい。
こういう高飛車な役をやらせたら松嶋菜々子はうまいです。
しかもただの高飛車ではなく可愛らしいから憎いところ。

やまとなでしこの演出は、織田裕二主演の映画「ホワイトアウト」の監督。
その若松節朗監督が、ホワイトアウトで松嶋菜々子と一緒に仕事した時、
彼女をめちゃくちゃにしたくなり企画したドラマが「やまとなでしこ」なんだとか。
記憶違いがあるかもしれないけど、何かの雑誌でそう読んだことがあります。

彼女はこのドラマで初めてラブコメディに挑戦したわけだけど、
彼女の魅力が最も生きているドラマじゃないかと思います。

最後の最後までいい人だった東十条さんもステキでした。
「僕は世界一のアッシーだろ」
こんないい人いるのでしょうか。
エンディングの結婚式でもちゃんとお祝いしていたし(笑)
でも相手が桜子さんのような女性だからいい人になれたのかも。
尽くす女性が相手だと傲慢な男になっていたかもしれない。

最後まで不思議キャラだったのは、佐久間の妻の真理子さん。
私が欧介さんの友達なら、どう考えても桜子は薦めない。
全力で反対するような気がします。
だって若葉ちゃんのような優しい女の子のほうがいいもん。
友達には大事にしてくれる相手をすすめたいから。
しかし、佐久間真理子は最後まで桜子さんの味方でした。
でも、それは、欧介のように優柔不断な男には、
若葉より桜子のほうが上手くいくと思ったからかもしれない。
結局、桜子のためではなく欧介のため。
欧介の性格を熟知していたからあんなに薦めていたのかしら。
やまとなでしこと関係ないけど、真理子役の森口瑤子さんは、
東京ラブストーリーの脚本家坂元裕二さんの奥さんです。


若松節朗さんが演出した「恋ノチカラ」も好きです。
深津絵里が主演のドラマ。
このドラマでも、矢田亜希子は堤真一に振られちゃいます。
そういえば!矢田ちゃんは来年の月9で復帰するみたいです。
瑛太主演の「ヴォイス〜命なき者の声〜」。

瑛太君にとって連ドラ初主演のドラマだし応援しようかな。

やまとなでしこ脚本家の中園ミホさんはエッセイで語ってました。
桜子と若葉はまるで別世界に棲む両極端な女性みたいだけど、
桜子の中には若葉のような健気さがあって、
若葉の中にも桜子のようなしたたかさがある。
どんな女性にも桜子と若葉の部分が共存していて、
「お金持ちが大好き」と女の子が心の奥に隠している本音を
口にしてしまう桜子のほうが、かえって純粋な気さえする、と。

参考・<やまとなでしこ名言集桜子語録

だから、桜子さんは男子に人気はないけど、女子に人気があるのかも。
男性や彼のママにモテようと思ったら若葉ちゃん流がオススメだけどね。

【ドラマ】2010年秋ドラマの感想


< 薩摩おごじょの誇りと篤姫母の3つの教え

Top

category

link

XML