結婚恋愛の賞味期間は4年で終わるのが自然

男女の愛は4年で終わるのが自然である。
と人類学者ヘレン・E・フィッシャーさんが仰っていました。

世界の62の国で調査した結果、
結婚4年で離婚した夫婦が一番多いことがわかりました。
生物学的に見ても、だいたい4年くらいで、愛は冷めるようであります。
(愛はなぜ終わるのかより)


しかし、恋愛の賞味期間が終わってからが本物の愛のスタートだと思ってます。

恋愛の初期段階は、恋の病状態。
あばたもえくぼじゃないけど、相手の欠点も長所に見えてしまうもので、
たとえ、傷つけられても許せてしまうし、わがままも受け入れられるし、
あまり努力をしなくても、けっこうラブラブ気分は味わえるものです。

そんな恋の病が冷めてしまい、恋愛の賞味期限がやってきても、
どれだけ相手を理解して、どれだけ相手が信じられて、
どれだけ思いやれるかが、長続きのポイントような気がします。

とはいえ、いつまでもラブラブでいるのは、簡単なことではありません。
やっぱり、何年も一緒にいると、王子様には見えなくなってくるものです。

しかし、その秘訣はあります。
ラブラブ夫婦やカップルには共通点がありました。
それは、新しいことに二人で挑戦し続けていました。

いくつになっても、初めての事は緊張します。
その緊張感をふたりで仲良く味わうことによって、
ふたりの一体感は増し、さらに絆は深まるそうです。
たとえば、ジェットコースターに乗ったり、
高いところに登ってドキドキするといいそうですよ。

というわけで、最近、マンネリを感じているカップルは、
たまには違った場所で、違ったデート内容を楽しむのが良いようです。

【恋愛】恋は盲目あばたもえくぼ


< 箱根駅伝5区6区は早稲田と東洋と首位争い

Top

category

link

XML