きのこの山とたけのこの里どちらが好き?

「きのこの山」と「たけのこの里」どちらが好きですか?

私はね、「たけのこの里」はあまり食べたことがないので、
どちらかと聞かれると「きのこの山」になるのかな。
興味深いことに、この質問の答えで年齢がわかるみたいなのです。
「たけのこ派」は若者に多く、「きのこ派」は年配に多いんだって。

しかも、年齢の境界線まであって、38歳!
★38歳以上の人 → きのこの山
★38歳以下の人 → たけのこの里



人気ブロガーのカータンさんが38歳説のアンケートをしてました。
その結果を見てみると、なるほど38歳説はまんざらでもない。
38歳以上の意見は分かれているけど、
38歳以下の「たけのこ派」は、圧倒的多数でした。

私も周りの人に聞いてみました。
するとやっぱり、若者は「たけのこ派」、年配は「きのこ派」。
若者の「たけのこ派」は、ほぼ100%。
一方、38歳以上は「たけのこの里」を知らない人もいました。

なぜ、なぜ、38歳なんだろう。
理由がすごく気になります。

明治製菓のサイトに行ってみました。
「きのこの山」が誕生したのは1975年でした。
「たけのこの里」は4年後の1979年に誕生していました。
この4年、4年間の間に謎が隠されているようです。

藤田田さんが、(日本マクドナルドと日本トイザらスの創業者)
「人間の好みは12歳までに決まる。
お米で育った人は、大人になっても米を食べるが、
子どものうちからハンバーガーを食べた人は、
大人になってもマクドナルドに通うようになる」

というような予言めいたことを仰っていたことがありましたが、
「きのこの山」でも同じ事が言えるのでしょうか。


38歳は、1970年〜71年生まれ。
たけのこの里が発売されたときは9歳です。
9歳までは「きのこの山」しか知らなくても、
その後「たけのこの里」を食べる機会はいくらでもあったけど、
それでも、「きのこの山」が好みだということは、
ちょうどこの年齢が、好みがハッキリする分岐点となり、
「きのこの山」に洗脳されてしまったのかもしれません。

生まれたときから「たけのこの里」がある世代は、
高い割合で「たけのこの里」を選んでいるから、
38歳以上も、もし生まれたときから選択権があれば、
「たけのこの里」を選ぶ人がもっと多かったかもしれない。
そう考えると、子どもの頃の食習慣って大事なんだね。

ちなみに、きのこの山派は、軸の部分のカリカリが好きで、
たけのこの里派は、さくっとした歯ごたえが好きなんだそうです。

日日是なんとかなるな2009年前


< だんだんロケ地の知夫里島(ちぶりしま)

Top

category

link

XML