ドラマ「フリーター、家を買う。」原作本

「何が食べたい?」と聞かれるのは、けっこうなストレスになるんだよね。

うちの母親が毎日のように聞く人だったので。だから私はなるべく聞かないように気をつけてるけど、自分が毎日毎日毎日(←とても強調したい(-_-))、朝、弁当、夜ごはんを作る立場になると、食べたい物をリクエストしてくれたほうが楽なのがよくわかり聞きたくなる。典型的な立場変わればって奴ですよ、本当勝手なもんです。

また母親の話になるけど、うちの母親は「これ美味しいね」と言うと、次の日も次の日も同じおかずを並べることがあり、どんなに美味しくてもさすがに毎日同じものを食べさせられたら飽きるので文句を言うと、怒り出すこともあれば泣きだすこともあって、「美味しい」と言いにくくなるし、言わないとなんか悪いような気もするし、とにかく気を遣って面倒でした。でも、これまた自分が毎日毎日毎日(←またしつこくも強調)、食事の準備をする立場になると、「美味しいね」と言われたら、また作って食べさせてあげたくなるんだよね。本当勝手なもんだわ。お母ちゃんごめんなさい。

二宮くん主演「フリーター、家を買う。」を観ました。
原作の小説があるんですね。なんとなく見たら引き込まれました。
ドラマの第1話は、「明るかった母さんが壊れた」。



三流私大を卒業した息子(二宮和也)。新卒で入社した会社をたった3ヵ月で辞めてしまう。その気になれば簡単に再就職できると考えていたが現実は厳しかった。とりあえずアルバイト生活を続けるが、これまた続かず、バイトを転々とする日々。

そんな息子を母(浅野温子)だけは信じていた。いつも優しく見守っていた。しかし、父親(竹中直人)は、そんな息子が許せない。息子の顔を見るとガミガミ怒り、妻には「お前のせいだ」と責める。そんな父親に反発する息子。板挟みになる母親。そして母は壊れていく。(本当の原因は隣の奥さんにありそうだけど・・・)



浅野温子ママは、すんごく優しいお母さん。就職で苦労している息子に少しでも美味しい物を食べさせてあげたくて、「何が食べたい?」と優しく聞くんだけど、そんな母の心を知らぬ息子の二宮君ときたら、「毎回毎回聞くなよ。俺も考える事がいっぱいあるんだ」と八つ当たり。母をなじる二宮君の演技が憎々しいくらい生意気。うぅぅぅぅぅ。

ドラマのお母さんは重度のうつ病になってしまうんだけど、医者から「病気の原因となるストレスを軽減するためにも家族の協力は必須で、お母さんから何か聞かれたらはっきり答えてあげて下さい。たとえば食事で何が食べたいというふうに聞かれたら何々がいいと具体的に答えてあげてください」とアドバイスされます。

毎日の献立に悩んでいる人は五万といるだろうし、ドラマのような酷い症状にならなくても、あの年頃は更年期障害世代でもあるので、似たようなつらい経験をしている女性もいるだろうし、自分と重ね合わせたり、母親と重ね合わせたりして見てる人が多そう。

お姉さんの井川遥は、お金持ちの医者の家に嫁ぎ、セレブな妻。幸せな結婚をしているように見えるけど、実は金持ちならではの苦労をしている女。他人から見える自分と本当の自分のギャップに悩む人からこれまた共感を呼びそう。

しかし、一番の共感ポイントは、タイトルにもなっている「フリーター」でありましょう。学生から社会人になって痛感する大人社会の醜さ、上司の言うことは絶対でどんなに間違ったことを言われても逆らうことは許されない理不尽さ。誰もがきっと通る道。

私も入社した頃は、社風になかなか馴染めなくて辛かったなぁ。人見知りはしないので誰とでも親しくなれるんだけど、会社に人生を縛られるのが嫌でたまらなかった。だってさ、休日も仕事なんだよ。休日くらいゆっくりしたいしデートもしたいじゃない。泣。なのに、休みになると接待に付き合わされ、夜遅くまで飲みに連れて行かれ、コンパニオンと変わらない扱い。私はこんなことをするために働いているんじゃな〜い、と彼によく八つ当たりしてました。でも、後になって気づくんだよね。その時期に出会った人達がどんなに自分の力になってくれる人だったか。

ドラマの中で、竹中直人が会社の不満を言っている息子に「おまえはふるいにかけられたんだ」となじる場面があるんだけど、研修期間というのはそんな時期なんだよね。忍耐力があるかどうか試される時期。でも、渦中にいるとその事がわからない。後になると文句を言える立場がどんなにお気楽であるのかわかるんだけど。

二宮君はプライドだけは高いニート役が似合ってました。いや似合うというか演技が上手。ふざけてない頑固親父の竹中直人も新鮮だったし、強いイメージのある浅野温子の優しいママもよかった。そして、意味ありげな隣のおばさん役の坂口良子もやっぱり上手い。そこにいるだけで恐そうな感じが漂ってました。

「ギルティ 悪魔と契約した女」は、菅野ちゃんも玉木くんも好きだけど、ちょっと疲れる話なので挫折。「フリーター、家を買う。」は二宮君が苦手なので見るか見まいか迷ったんだけど、面白かったので視聴決定!

【ドラマ】2010年秋ドラマの感想


< 映画「悪人の感想」岡田将生と満島ひかり

Top

category

link

XML