「ギルティ悪魔と契約した女」原作&視聴率

●ギルティ悪魔と契約した女

原案・相沢友子
脚本・大久保ともみ、平野悠希
出演・菅野美穂、玉木宏、吉瀬美智子、水上剣星、唐沢寿明

ギルティ悪魔と契約した女には、原作小説はないので
キャストも先がわからない謎を秘めた物語なんだとか。
大久保ともみさんのオリジナル脚本だけど、
原案は相沢友子さん。相沢友子さんも脚本家。美人脚本家。
相沢さんの日記を読むとプロテューサーの稲田さんから
声をかけられてアイディア提供されたみたい。

【ギルティ悪魔と契約した女視聴率】
●1話「復讐の幕が開く」15.4%
●2話「復讐の鬼・愛を捨てる」12.6%
●3話「追い込め・悪徳弁護士」10.8%
●4話「私を罪に陥れた奴ら」14.7%
●5話「真犯人に天罰下る」11.3%
●6話「愛と愛・衝撃の対決」11.3%
●7話「解ける謎、新たな敵へ」13.3%
●8話「愛の告白、私は殺人者」10.8%
●9話「女の執念・黒幕暴く」10.9%

【第一話の感想】
なぜ、唐沢寿明がそんな役を・・・。
怪しすぎるんですけど(笑)
見た目もロン毛がキモイし、なぜ腰をグルグル回すの〜。
そして横山めぐみは真珠夫人みたいだった。
真珠夫人なので、あのまま良い人では終わらなさそう。
それにしても、あんなに簡単にマインドコントロールされすもんなんだろうか。

1話のラストで明らかになった菅野美穂演じる野上芽衣子の正体。
今現在は33歳だけど、18歳の時、毒入りチョコレート殺人事件
(姉の夫と息子を青酸カリで殺した罪)で無期懲役に。
でも、それはえん罪で、復讐しているようであります。
玉木宏は刑事さん。こちらも謎めいていてトラウマを抱えてそう。
ひさしぶりの玉木くんは千秋さまみたいでかっこよかったけど、
次回を観るかどうか微妙。管野も玉木君も好きなんだけど、
なんか明るい気持ちになるドラマが見たいのよね。

【第三話の感想】
なんか面白くなってきました。
菅野がつけているネックレスは悪魔の象徴なのかしら。
ネックレスを固く握りしめ気持ちを確認する菅野と
玉木の優しさに触れ罪悪感に苛まれる菅野。
見てて可哀想になってくる。
彼女が復讐する相手はみんな悪そうな人だから
殺されて当然なんじゃないかと思いそうになるけど
やっぱりダメだよね。復讐からは何も生まれない。
菅野自身も楽になれないし。
菅野のためにも復讐なんて止めさせてあげたい。

【第四話の感想】
玉木宏がかっこいいんですけど。
困っている管野に、大きく手を広げて
「おいで」とする玉木宏の仕草に胸きゅんなんですけど。
千秋様を思い出させる強引さが素敵だわ。
菅野がだんだん必殺仕置き人に見えてきます。
殺されて当然と思えるような人ばかり殺すので。
山崎裕太が悪そうな役だったから、
殺さず終わると続きが気になります。
しかも玉木宏に「邪魔しないで」とおもっちゃうし。
すっかり管野に感情移入。彼女を幸せにしてあげて欲しい。

【第六話の感想】
まさか芽衣子と堂島が繋がっていたなんて・・・。
堂島といる時の芽衣子は素の芽衣子になってしまい
謎めいたカリスマ性が感じられない。
そこがいいところでもあり、ちょっと残念。
芽衣子は最後どうやって罪を償うんだろう。
死んで償うのはやめてほしい。

【第9話の感想】
唐沢くんったら・・・。
感動したのに〜、エンディングで腰振ってたよ(笑)
今まで振ってなかったよね?
全く最後の最後まで・・・唐沢くん楽しすぎます。
しかし、堂島があんな形で死ぬとは思わなかった。
たしかに生きて警察に助けられたら
宇喜田の罪は中途半端になるもんね。
堂島が死んだほうが罪は何倍にも重くなるから。
芽衣子はどうなるんだろう。真島と幸せになって欲しいけど。
玉木宏の「愛してる」がJUJUの歌と重なって切なかったです。
ラスボスはやっぱり政治家関係なんだね。
いつも悪く描かれて可哀想な気がするけど、
それだけ権力を持っているってことなんだよね。

【ドラマ】2010年秋ドラマの感想


< 映画「告白」の感想「松たか子の最後の一言」

Top

category

link

XML